2006.10.02

ハイスクールはBE-BOP!!(下)

ついに僕の目の前に現れたK北。どうする?オレ!?

 

う~ん。まさに出会い頭。激しくヤバイ。

っていうか、相手は三人。

こっちは完璧一人だ。

たとえ勝てないバレー部でも、マジメに練習しとけばよかったよん・・・・

そう思いながら、線路を向き、横目で彼らをこっそり見ていると、三人でなにやら話し出した。

そしておもむろにこちらに向かってくる・・・・

ああ、もう接触はさけられない・・・・

でもまったく不利という訳でもなかった。

まずはホームの上なので、「ちょっとこいや~」とエスカレーター下って階下のトイレに連れ込まれないかぎり、暴行はうけない。

それに一人だから、喧嘩になれば徹底的に不利な反面、自分にその気がないのに戦端をひらくバカがいない。

K北が三人となれば、僕の学校の生徒が4~5人いたってなんの助けにもならないし、たとえ運良く撃退できたにしても、その後ずっとこの駅でK北の連中が大量に待ち伏せしているというとっても恐ろしい状況になるのは目に見えている。

シマウマは絶対ライオンに勝てないし、勝ってはいけないのだ。

勝ったら今度はライオンの群れが一気におそいかかってきて、結局はボコボコにされてしまう。

ライオン高校生徒と出会ってしまったら、どう転んでもボコボコにされるのがシマウマ高校生徒の定めなのだ。

とはいえ、こちらもむざむざむさぼり喰われるわけにもいかない。

まず、トイレに連れ込まれそうになったら、徹底的にぐずり、駅員さんの注意をひくしかない。

連れ込まれない為には、とりあえず礼儀正しい態度を取ることだ。

当然相手はガンつけてくるので、それに挑発されてこちらもガンつけかえしたりしたら、間違いなくトイレに連れ込まれてしまう。

怯えている様子をみせてもダメ。

相手はこいつはちょろいぜ!!とばかりに、身ぐるみはぎにかかってくるからだ。

結局は武道家のようにきちんと正対するのがベストの選択なのだが、そんなのできるか(-_-;)?

そうこう考えているうちに、K北三人組がやってきて、僕を囲んだ。

逃げられないッスね・・・・

しかも周囲の人からも、僕の姿は彼らの体が死角になってよく見えないし。

それだけでなんちゃって不良ではなく、実戦慣れしたすばらしい不良さまだと言うことが理解できた(-_-;)

正面のいちばん気合いの入ったパンチパーマの不良さまが至近距離からガンをつけ、そのあと下から上までねめまわすように僕を見ると、再び視線を僕の目に戻した。

ここまできたらしょうがない。

僕は視線をそらさなかったが、怯えや好戦的な雰囲気が出ないよう注意した。

相手を不良さまと思わず、できるだけ普通の高校生と出会ったような対応をする事。

しかもできるだけ礼儀正しく、かつ毅然としてだ。

それ以外に無事にすむ方法なんてないのだ。

「おまえXXだな?」

パンチパーマの不良さまは僕の高校を確認した。

まあ、ネクタイに紺の上下なんていう、サラリーマンの背広みたいな制服はこのあたりでは僕等の高校しかないから、ようするに「お前、シマウマである自分の立場がわかってんだろうな?」って事である。

わかってますよ・・・・・

十二分。

少し色の入ったメガネをしたパンチパーマの不良さまは、どうみても僕より年上だ。

だから僕も、バレー部で先輩に口をきくときのように、「はい。そうです」と礼儀正しく返事した。

もちろん視線をはずしたりはしない。

挑発してはいけないが、視線をこちらから外したらそれで負けなのだ。

後ろの二人がフフっと笑ったのが聞こえた。

ああ、激しくイヤな感じだ・・・・

「お前いい時計もってるじゃん」

それは高校入学の祝いにかってもらった、当時人気のシチズンデジアナだった。

ああ、買ってもらって半年もたってないというのに・・・・・・

とりあえず僕は「ありがとうございます!!」と答えた。

もちろん単純に時計を誉められたのではないのはわかっている。

でも時計をねだられていると気づいたと明確にすれば、この状況では差し出さずにはおれない。

カツアゲなどという不良ワールドの常識なんてまったく知らない優等生を装うしかないのだ。

「お前、その時計、しばらくオレに貸してくれね~か?」

時計カツアゲ キタ―――――(>_<)――――――ッ

僕は心の中で泣きそうになった。

これは親が、私立の入学金など金のかさむなか、けっこう無理して買ってくれたものなのだ。

この時計を差し出せば、この場を無事に切り抜けることはわかっていた。

だけど、時計がなくなった事を親にどう話せばいいのだろう?

僕は内心を悟られないように、パンチパーマから視線をそらさず毅然といってみた。

「これは親から高校の入学祝いに無理言って買ってもらったものなんです。申し訳ありません!!」

言い終わると同時に頭を下げるのも忘れなかった。

顔をあげると、パンチパーマがじっと僕の顔を見ていた。

僕もパンチパーマの目を見た。

強制取り立てか?

このままトイレに拉致られてボコボコの刑か?

いずれにせよ、僕の学校の生徒が、K北の生徒に逆らえば、そうなることは決定しているのだった。

でもやっぱり、ボコられる前から親が買ってくれた時計を渡すことはできない。

ボコられる前に怯えて渡してしまうのと、ボコられて取られるのとでは、まったく意味が違う。

シマウマ高校生といえども、男としての筋は通さなければ、親に対して申し訳がたたないのだ。

「オレはよ~っ」

パンチパーマが沈黙のあと口を開いた。

「K北2年の△△っていうんだ。今後ウチの連中になんか言われたらオレの名前出してダチだって言え!!」

「はいっ!?」

え?ダチ?おいら△△さんのトモダチですか?

「お前名前は!?」

「XX一年の円海ですっ!!」

「よし!!円海だなっ!!オレの名前忘れんじゃねーぞ!!じゃあな!!」

パンチパーマの△△さんは、そういうと僕の背後にいる二人に合図をして、駅のホームを歩いていった。

た、助かった・・・・

と、いうより、K北の不良さまのトモダチができたんだけど・・・

僕はあわてて、生徒手帳を出すと、K北2年△△と書いた。

絶対忘れないようにだ。

この名前は、高校の制服をきている三年間、このあたり最強のライオン高校の生徒達から身を守る為のマジックワードなのだっ!!

 

(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)(^-^)

 

そんな訳で僕の高校生活の通学上の安全は確保された。

だが、入学直後の公園での体験に懲りた僕は、制服を着たままで盛り場にいくような事はしなかった。

自分の身を守る為には、無用なリスクはおかさない。

それがわからない同級生は、制服のまま盛り場にでかけ、主としてK北の生徒に金をまきあげられたり、ボンタン狩りにあったり、ボコられたりしていた。

僕等の高校では、服装検査をする風紀委員などいらないくらいだった。

K北のライオン生徒達が、僕等シマウマ高校の生徒にとって、何よりも怖い風紀委員のようなものだったからだ。

 

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

 

高校二年の時、僕が自宅にいると、弟が中学から帰ってきて、いきなり新聞紙を腹にまき、その上からオヤジのサラシを巻くと、制服を着て出て行った。

僕は本を読みながら、妙な事をしているなあ~とおもいつつ、それを見ていた。

1時間ほどして、母親が買い物からもどり、夕食の準備をしていると電話がなった。

僕が電話をとると警察からだった。

母親にかわると、電話の声をききながら、母親の顔がどんどん青ざめていった。

電話を切った母親に「どうしたの?」と僕はきいた。

血の気の多い腐れオヤジが、何かしでかしたのかと思ったのだ。

だが母親の話では、警察にご厄介になっているのは、オヤジではなく、弟のようだった。

一時間後、母親が弟をつれて帰ってきた。

「おかえり」

「おかえりじゃないわよ!!この子は中学生なのに警察なんかの厄介になって!!」

母親がキレた。

弟が話すには、隣の中学から決闘状がとどいた。

で、弟の中学には番長はいなかったのだが、急遽喧嘩はいちばん強い弟の親友が番長となり、番長組織をつくり、決戦となった。

弟は親友から副番長やってくれと頼まれ、それを受けた。

決闘は二カ所でやることになり、弟の中学では本隊と支隊をつくり、相手の本隊が来ると予想された公園に弟の親友が、にわかずくりの番長組織の本隊をつれて乗り込み、弟は数人とともに、相手の支隊が来ると思われる公園に向かった。

だが、相手の本隊は弟の待つ公園にあらわれ、相手の支隊は弟の親友が待つ公園にやってきた。

その結果、決闘は痛み分けになったが、弟の方は当然ながらボコボコにされ、近所の人の通報で警察が来たときに逃げられず、つかまってしまったという事だった。

「でも怪我してないじゃん」

「そりゃそうだよ。こっちは5人なのに、向こうは20人ぐらいできたんだから。もう最初から結果は、わかりきってるじゃん。相手がきたら殴りあわないで、頭抱えてうずくまったよ。そしたらあいつらもう勝ったとばかりに全員で腹だけ狙って蹴りやんの」

金八先生で、三原じゅん子が「顔はやるんじゃないよ。ボディにしな!!」といってから、喧嘩といっても顔面攻撃は少なくなっていた。

「でもオレはそれ見越して、腹にも脇腹にも新聞紙巻いて、さらにその上からサラシ巻いていったから、いくら蹴りいれられても全然痛くないもんね。我慢してるうちに警察がきて、終りさ」

なるほどねえ。

喧嘩にも色々対処法があるもんだ。

「冗談じゃないわよ!!あたしが警察なんかに呼び出されて、どれだけ恥ずかしい思いしたかわかってるのっ!?」

「でもさ~。こっちから仕掛けたんじゃなくて、相手から決闘状おくりつけられたらしょうがないじゃん。やらなきゃ、下校の途中集団で狙ってくるだけだし」

僕は弟をかばってあげた。

だが、翌日、母親は中学校にも呼びだされ、その週はずっと機嫌が悪かった。

  

制服を着ている限り、災難は本人が望まなくてもやってくる。

それは学校というきまりきったコード進行のなかで、それぞれの運命がつくるアドリブ演奏のようなものなのかもしれない。

とりあえず高校の三年間が無事にすんで良かったよん(^_^;)

The end.

Uploads on coming monday!!

see you (^_-)

| TrackBack (0)

2006.09.25

ハイスクールはBE-BOP(中)

昭和のシマウマ高校生徒の悲しい定め・・・・

背中が異様にこわばり冷たくなった。

僕の背後で友人が早足になる音が聞こえる。

たのむ!!頼むから走り出さないでくれっ!!

友人が走り出せば、20人を越える不良さん達が一斉においかけてくるのは目に見えていた。

刺激するな。気がつかないふりして、その場を立ち去れ。

どうせ10秒前まで気づいていなかったんだから!!

僕の体が、山道にたどり着いた。

やった!!不良さん達とはまだまだ距離があるっ!!

僕はジグザグになった山道を降りはじめた。

五歩歩き、僕の姿が完全に公園から見えなくなったところを見計らって、一気に駆け下りた。

角のところで振り返ると、友人が真っ青な顔して、同じようにかけおりてくるのが見えた。

その後ろがどうなっているかわからない。

僕等はひたすら土にかませた丸太の階段を駆け下り、舗装された道に出ると足早に改札に向かった。

「おい・・・・まてよっ!!」

途中で友人が僕にいった。

「いそげっ!!あいつら以外にも駅周辺に同じ高校の連中がいるかもしれないぞ!!」

そういうと、友人も後ろをみて走ってきた。

僕等は改札に入り、ホームへの階段をダッシュで上ると、丁度来た電車に飛び乗った。

友人の顔もあおざめていたが、僕の顔も同じだったろう。

やばかった。

家にかえりつくと、まだ5時前だったが、布団をしいて寝た。

中学校を卒業して間もない子供には相当の刺激だった

いきなり30対2でボコられるところだったのだ。

夜になり夕食を食べ終わった僕は、高校受験の時に買った高校一覧がのった本を出してきた。

通学路線沿いにどんな高校があるかチェックしてみた。

結果制服をきたまま降りて無事にすみそうな駅は一つもないことがわかった。

というか、僕は恐ろしい事に気がついた。

東京の勇、国○館と並び称される高校が、僕の高校のすぐ近くにあったのだ。

K北・・・・・・

 

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

 

しばらくして僕はバレー部に入った。

不良は帰宅部が定番である。

クラブ活動に入れば、授業が終わった後は毎日クラブ活動であり、帰る時は不良さん達が街をうろつく時間ではなくなっているし、僕も寄り道するような体力はない。

帰宅部の友達に、帰りにどっか寄ろうと言われる事もないから不良さん達との接触も避けられる。

ある日クラブに出ると、キャプテンがびしっとアイパーをきめてきていた。

バレー部は、大会間近になると五分刈りにするが、それ以外の時の頭髪は校則に準じる。

「先輩!!かっこいいっすねっ!!」

僕等はみんなでキャプテンを褒め称えた。

お世辞ではなく、このキャプテンは今で言うイケメンだったのだ。

バレー部だから背も高いし。

それはもう、誰が見ても惚れ惚れするような格好良さだった。

だが翌日。

キャプテンがやってきたとき、その頭は坊主刈りだった。

何故?

僕等は疑問に思ったが、本人に直接きけるような雰囲気ではなかった。

すると先輩の一人が僕等に教えてくれた。

「あいつさ~。昨日K北の奴らに絡まれて、明日までに坊主狩りにしてこなけりゃ殺すっていわれたんだよね。」

そう。

僕の通学路線にはK北の生徒はほとんどいない。

だが、別の路線で通う生徒は、K北のある駅と降りるのが同じになるのだ。

今ではそんなこともないようだが、K北は当時都内では唯一、国○館と対等といわれた高校である。

つまり僕等からみれば都内における虎かライオン。

僕等のなかで、誰もキャプテンをあざ笑うヤツはいなかった。

K北に殺すといわれて従わなければ、実際に殺されないまでも、殺されるよりはるかに痛い思いをすることはわかりきっていたからだ。

「K北っすか。仕方ないッスね・・・・」

僕等一年は、そういうと、いつもどおりウサギ跳びでのコート10周、ダッシュ20本をはじめた。

 

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

 

そんな僕がバレー部をやめたのは夏休み前の事だった。

はじめての練習試合にいった僕等は、試合の間、ずっと高校名とファイト!!ファイト!!と叫びつづけ、しかもボロ負けした。

帰り道、僕は電車が一緒だった先輩にきいてみた。

「去年の試合の成績はどうだったんですか?」

「ん?23敗1分かな?」

え?

あれだけコートをウサギ跳びして、ダッシュやって、手首が真っ赤に腫れ上がるまで至近距離からレシーブの練習とかされても1勝もできないの?

それを聞いた瞬間、僕はバカバカしくなって退部を決意した。

 
(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

 
高校生になって最初の夏休みが終わり、秋。

帰宅部となった僕は、地下鉄から国鉄(今のJR)のホームへと上がってきた。

上がった瞬間、すでにホームにいた学ランの3人組と目があってしまった。

ああ、やばい・・・・

3人ともボンタンだ・・・・

しかもリーゼントでびしっときめてる・・・

この駅で、この格好。

それってK北しかないよね(-_-;)?

To be continue.

Uploads on coming monday!!

see you (^_-)

| TrackBack (0)

2006.09.17

ハイスクールはBE-BOP!!(上)

ごくごく普通の昭和の高校一年生だった僕を襲った人生最大のピンチ!!

当然の事だが、義務教育を終え、高校生ともなるとランク付けがなされる。

表向きはその高校の偏差値のレベルにより、成績の善し悪しでつけられるのだが、当の高校生には、それとは別の切実なランク付けがある。

それは自分の通う高校が、高校の不良度ランキングでどのレベルにあるか?ということなのだ。

例え成績の良くない高校であっても、不良度ランクが高ければ、制服で盛り場を歩く事になったとき、危険な目にあう可能性が極めて低くなる。

逆に不良度ランクが低ければ、盛り場を制服であるくのは、ライオンや虎が放されているサファリパークを車に乗らずに歩くに等しい。

喰われる事すらないものの、運が悪ければあっという間に不良度ランクの高い高校の生徒にかこまれ、人目につかないところで腹に膝蹴りの2~3発をかまされて、お財布の中のお金や腕の時計がなくなっていく。

偏差値ランクは、とりあえず50以上あれば、生活するにあたって大きな問題は生じないが、不良度ランクの低さは、楽しい高校生活をおくるには致命傷にもなりかねない。

自分の高校の不良度ランクが低く、同時に近所に不良度ランクが極めて高い高校がある場合は、自分の高校の制服が、シマウマ柄でないのが不思議に思えてくる。

そう、不良度ランクの低い高校の生徒は、肉食獣の檻に入れられた草食動物と同じなのだから・・・・

 
(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

 

中野区にあった中学を無事卒業した僕は、都立の高校と私立の高校に受かった。

だが僕は私立高校にすすんだ。

都立高校にはプールがあり、私立高校にはなかったからだ。

まあ私立高校に入る金があるなら、その金で春休みの間に水泳教室に通って、泳げるようになってから高校に入学すれば良かったと今なら思う。

都立高は共学だが、私立校は男子校だったからだ・・・・・・・・

 

 

桜咲く4月。

電車が途中までいっしょの友人が僕に言った。

「あのさ、途中にでかい公園があるじゃん?あそこ帰りにいってみない?」

その公園は駅から見ることができた。

確かに桜が満開で、行ってみようかという気になる。

当時の僕は、学校の不良度ランクには無頓着だった。

昭和の東京の高校生として、「国○舘はやばい!!」という事くらいは知っていたが、僕の通学路も高校も、「シカン」と呼ばれたその高校からはめっちゃ離れている。

それに不良がたむろするのは大抵盛り場。

公園となると一般の人もいるわけで、要注意な場所という意識はまったくなかった。

で、僕と友人は学校の帰り道、途中で下車してその公園にいってみることにした。

駅をおりると友人はキョロキョロと周囲を見回した。

埼玉から通学している彼は、学校の最寄り駅以外の都内の駅に降りるのははじめてだったのだ。

公園は小高い丘の上にあり、そこまでは木の茂った山道のような斜面を登っていくことになる。

僕と友人は、頂上の公園までジグザグにすすむ、土に丸太を埋めた道を登っていった。

ようやく頂上にたどり着くと、そこは地面にタイルを貼ったモダンな公園だった。

中央には塔があり、山道を登ってきたとは思えないすばらしい景色だ。

あの塔に登れるのかな?

そんな事を思いながら塔を見上げている僕は、何か異様な視線が突き刺さってくるのを感じた。

なんだこれ?

そう思って視線がやってくる方向を見ると・・・・・

そこには長ラン、ボンタンのリーゼントという、当時のツッパリファッションの高校生が4人、僕等2人に思いっきりガンをとばしていた。

やばい・・・・・

友人はそれには気づかず、塔を見ている。

「おいおいXX(僕の高校の名前だ)の奴らがこんなとこきてるぜ!!」

4人の中の1人が僕に聞こえるようにいった。

やばい・・・やばすぎるよ・・・・

 

友人は先に行っていて、この声には気づいていなかった。

僕は彼らと目をあわせないようにして、彼らとは反対側に移動した。

その先には、駅につづく、登ってきたのとは別の道がある。

そして移動したとたん、僕は恐ろしいものを見た。

右に位置する4人と同じような格好した4~5人のグループが4つ、いや6つ、公園の奥に散らばってタバコをすっていたのだ。

そして彼らの視線は、すべてキョロキョロとあたりを見回す、埼玉の奥地からでてきた友人へと向いていたのである。

やばい・・・やばすぎだよぉ・・・

それまでの15年の人生で、これほどまでに怖かったことはない。

公園にたむろっていたのは、どれもオッサンのような、気合いがはいりまくった不良ばかりで、使いっぱしりみたいな、なんちゃって不良は一人もいないのだ。

しかも20人を軽く越える数。

喧嘩になったとき、中学を出たばかりの僕等が勝てる見込みなんて1%もない。

ボッコボコにされて、高校一年にして入院する可能性は100%だけど。

抵抗したところで、こんなところで乱闘すれば、すぐに警察に通報され、間違いなく入学後1ヶ月せずに退学だ。

っていうか、30人近い人数相手に2人では、宮本武蔵でないかぎり乱闘にはならない。

とりあえず囲まれて硬直しているところを、顔面にパンチをくらい倒れたら全員によってたかって蹴りをいれられ、あばらが折れて終わる。

僕等はすでに死んでいる(-_-)

 

不吉きわまりない想像を振り払って、僕は素早く決断した。

登ってきた道に戻ろうとしたら間違いなく最初の4人組に道をふさがれる。

左側には、駅へ降りる道がある。

なんとしてでもその道に逃げ込むしかない。

逃げ込めば道は二人が歩くのもやっとな山道だから、後ろから追いつかれさえしなければ包囲されてボコボコにされる可能性もない。

ひたすら追いつかれないように走ればいいだけだ。

相手はタバコすっているから、この道に逃げ込めさえすれば体力的に逃げ切れる可能性は高い。

道をおりれば20m程で駅だ。

幸いにもこちらは挑発行為はしていないので、そこまでおいかけてくる可能性は少ないはずだ。

使い走りみたいなのがいればそいつが追いかけてくる可能性があるが、幸か不幸か、相手は立派な不良さんばっかで、小物は一人もいない。

「おいっ」

僕は小さな声で友人に声をかけた。

「なんだよ」といって友人が僕をみると、僕は早足で左の道へ向かった。

「おい、何してるんだよ。どこいくんだよ」

馬鹿野郎!!そんなでかい声出したら、逃げようとしてるのがバレるだろ!!

友人はこの期に及んでも、この剣呑な雰囲気をまったく察知していないのだった。

バカだ!!こいつは本当にバカだ!!こんなヤツと友達にならなければよかった!!

僕がそう思いながら顔をこおばらせ、硬直した歩きでひたすら左の道へと向かうと案の定最悪の事態がおこった。

僕の右の視線の端には、友人がこちらを向いてうつっていたが、その背後にいた20名を越える立派な不良さん達が、腰をあげて僕等をめがけて、一斉に歩き始めたのだった。

田舎モノの友人は、それにもまだ気づかないで、「おい、どこいくんだよ!!」とでかい声で言っている。

僕はそれを無視して、早足で駅へとおりる道へと向かった。

「おいコラッ!!まてこの野郎!!」

僕の背後から凄まじい怒声がおこった。

公園にあがってきたところにいた4人組が、ぼくらに向かって近づいてきたのだった。

その声を聞いて、友人はようやく事態を把握した。

僕は更に足を速めて駅に向かっておりていく山道に向かった。

人生最大のピ~ンチッ!!

逃げ切れなければ確実に重傷か、退学だ!!

あと7メートル!!間に合うかっ(>_<)?

 

To be continue.

Uploads on coming monday!!

see you (^_-)

| TrackBack (0)