« December 2013 | Main | February 2014 »

2014.01.15

富野御大(ガンダム監督)ハリウッドへ?

じゃんじゃじゃ~ん!!

ついに生きる伝説(いろんな意味で)、富野由悠季監督がハリウッド進出だそうです!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アニメーション監督・富野由悠季さんが1月21日に記者会見を行うことがわかった。

これは、アニメ「機動戦士ガンダム」の原作者/総監督として知られる富野さんや米エミー賞を獲得した堀裕治さんなど多くのクリエーターが所属するプロデューサー集団・株式会社飍(※3つの"風"で構成された漢字、読み:オオカゼノオコルサマ)によるもの。

同社は、今回新たに、「アバター」「アイアンマン」「Xメン」「パシフィック・リム」などのハリウッド作品に特殊スーツや特殊メイクを提供している米ロサンゼルスのSFXスタジオ・Legacy Effects社と業務提携し、「日本の漫画やアニメを原作とした映画作品をハリウッドから世界市場へ送り出す」ことを目的とした共同事業を始めるが、その提携作品の第1弾を富野さんが発表するという。

察するに、"富野さんが関わったアニメ作品いずれかのハリウッド実写映画化"という内容である可能性が高いが、詳細は会見で明らかになる。

http://akiba-souken.com/article/anime/18868/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、正確にいうと、富野さん(ちなみにファースト、Z、ZZ、逆襲のシャア、ターンAなどのガンダムの監督さんですよ)の作品のどれかが、ハリウッドで映画化というはなしらしいんですが。

宮崎駿どころか、攻殻機動隊とか、エヴァンゲリオンとか、まどかとか、海外で馬鹿ウケしてしまい、ハリウッドに一番近いと思われていた御大あやうしと思われましたが。

ついにハリウッドきましたよ!!

私としてはやはりイデオンを期待したいとこですが、まあ、『リーンの翼』か『ガーゼィの翼』の原作になると思いますね。

オーラバトラーがでてこないバイストンウェルもの。

『リーンの翼』は後日談がOAVでつくられましたが、原作で殺されてしまう迫水が、OVAでは生きています。

多分ハリウッドで『リーンの翼』を作ろうとしたら、迫水が死んでしまうラストには、制作サイドからクレームくるのは十分予想されるので、多分将来のハリウッドをにらんで、わざと迫水を殺さない世界にしたなと私は思ったのですが。

ジェット式特攻機桜花のパイロットだった迫水が、特攻中に異世界バイストンウェルにとばされ、直真影流(勝海舟とかがきわめていた剣術ね)をもって、アマルガン・ルドルを助け、全裸で逆さ貼り付けにされて、股間にペーパーナイフつきたてられて拷問されていた王女リンレイ・メラディとともに伝説のリーンの翼でバイストンウェルをかけめぐるこの話は、かなり好きです。

サムライスピリット!!怪獣!!ガロウラン(バイストンウェル最下層に住む悪魔的人類)妖精(ウォーターカーレンのお姉様達から、はねつきのまで)、美女!!そして伝説のリーンの翼!!

ロマンがあるよね。

いや、ハリウッド、47ローニンなんて作品に出す金があったら、『リーンの翼』に出したほうが絶対いいって。

是非是非、小説版『リーンの翼』でお願いしたい!!

21日楽しみだなあ。本当に。

でも、ハリウッドでの制作がきまっちゃうと、おそらく富野監督のテンションは超危険なレベルになってしまうことが予想され、また新たな伝説がつくられたりしなければいいと思うのですが。

「迫水はリンレイのおま○こなめたいと思っているのよ!!こんな女優さんじゃ、なめたいと思わないでしょ(怒)!!」みたいな。

まあ、そういうところ含めて、私は富野監督が好きです(^_^;)大好きです。ははは。

でも、迫水役って誰がやるんだろ?

とりあえず今日はこんな感じで。(まだ正月気分抜けず)


2014.01.05

神田明神が妙にすいていると思ったら。

二日の日、神田明神が妙にすいているのは、午前中のせいかと思っていたのですが、なにやら靖国の初詣客が例年の八倍、245万人だったとかで、なんかそっちに流れちゃったみたいですね(^_^;)

あ~あ、中韓も調子に乗ってやりすぎちゃったなあと。

20世紀に中国と商売やってた人の間には、半ば笑い話で「無限の要求」というのがありました。

当時の中国人と商談していると、相手は自分の都合しか考えないから、ともかく考え得るありとあらゆる要求をしてきて、それがあまりに常識はずれなので、日本側がキレてしまうという。

まあ、向こうも言ったことすべて通そうとも、通るとも思ってなくて、言うのはただくらいに思っていっているから、「ああ、無限の要求がまたはじまった」と思って、馬耳東風でききながして、こちらの要求(何ができて何ができないのか)を言えばいいだけなんですが、ともかく言わせておけば100円のアイス50円で売って、あと支払いは三ヶ月後!!とかいうレベルのこと言い出すんで、この習慣わからない日本人は「あなたたち商売する気あるの?」とマジキレしちゃうんですね。

押してみて、反発してこなければ、まだ押せるぞと反発するまで徹底して押してくるのが中国人で、一方日本人はそういうことされると、文句いったり、やめてくださいとかいったりしないで、ひたすら忍従。で、我慢できなくなるとぶち切れてしまうと。

中国人もいい加減学ぶべきだと思うんですが、調子にのりすぎているからしょうがない。

個人的な考えをいわせてもらうならば、中共が中国国内で人間に対して何をしようが、しったことじゃないです。

でもね、あれだけ広大な土地を20年で水も大地も空気も、人が安心して暮らせないレベルにしておいて、日本の水がほしいとか(笑)

駄目だよそんなの

これまで、反日デモやらなにやらあったけど、それでも日本人は、今回のように強烈な反応はしなかったわけです。

それが今回なんでこうなったのかという原因の一つは、PM2.5に代表される環境問題だと思いますね。

こういう事いうと、テレビでコメンテーターが、日本だって昔は公害酷かったし、イタイイタイ病とか色々あったじゃんというけれど、馬鹿いっちゃいけない。

当時はそういう影響が人体に出ることがはっきりとわかっていなかったし、わかってからはきっちり対策がとられたから、今の日本があるわけです。

中国は環境破壊がおこるというデータをちゃんともっているにもかかわらず、役人が金つまれて見逃しているんです。

工場の排水をきちんと処理するなんて法律、90年代以前からあるから。

金出せば、そういう問題をおこさない、または最小限にする設備を購入できるのに買わない。

つまり彼らは、自分たちを抱え、育ててくれる大地に対する感謝とか、環境をケアするという気持ちがないんですね。

中国では土地は結局のところ国家、中国共産党のものだから、そういう気持ちが働かないというのもあるのだと思いますが。

私が思うに、ここのところの違いが、はっきりしてきたことで、日本人の中国人にたいする嫌悪みたいなのが急速に広がったと思います。

小さな国土を大事に、大事に数千年も使ってきた日本人と、あの広大な大陸を半世紀ちょいで人がすめない土地にしかねない中国人とでは、あまりに違いすぎるからで。

私、以前、北京から長春まで飛んだ事がありましたが、ふと下見ると、延々と緑のない荒野が続いているわけです。

個人的には日本という国土が、ああいう風になるのは絶対に許せないし、もし、日本人自らがこの国の国土をそういう風にしてしまうような民族ならば滅びてしまえとさえ思います。

すでに反日運動をやめる、やめないなんて時期は、とうに過ぎていて、今は中国人が自身の住む大地を、ひいては地球という大地全体を愛することができる人間かということが問われていると思うのですよね。

中共としては、どっかで自国の人口を調整しないとならないのがわかっているから、PM2.5で人減らしができるなら実際は望むところだし、最期に必要とあれば、SARSウィルスかなんかで調整するつもりなのかもしれませんが。(こういうこと言うと電波な人認定されちゃうなあ)

今、日本人の間でおこっている中国人に対する不信感を、単なる政治問題と解釈すると、中共政府は数年たたずして本当に痛い目みると思いますね。

それはともかく。

大河ドラマは黒田勘兵衛がはじまりました。

私的には、何年か前に秀吉やった竹中直人がまた秀吉をやるにあたって、前と同じ秀吉やるのか、新たに秀吉像をつくりあげてやるのかがとても気になっていたんですが、前作と同じ秀吉でやるみたいで。

で、反町信長でない、江口信長も「で、あるか」とか言ってたんですが、これは何?最近の研究で、信長は「で、あるか」という口癖があるとかわかったんですかね?

反町信長のときも、すごい耳障りだったので、江口にはやってほしくない気持ちも。

今期は天海さまドラマもあるので、結構テレビが楽しみです。


2014.01.02

大晦日の紅白はおもしろかった

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

今年は昨日地元の氏神さま参り。おみくじは中吉

 

「腹が立つなら一足上がれ。岩の下をば水がゆく。一歩上がれ。世の中につきぬ諍いの種も、親心になり神心になって眺めるば、腹もたたぬ、憎くもない。むしろ優しい気持ちになれる。神様御照覧の下、穏やかな気持ちになって導いてやれ、救ってやれ、助けてやれ。そのためにもまず自分が一歩退いて反省する必要がある」

 

というものでした。

 

なんだかありがたいですね。

 

そして今日は恒例の、我が友といく神田明神初詣です。

 

去年は午後三時くらいにいって、2時間くらいかかったので、今年は十時に秋葉集合して、2時間覚悟で参拝したところ、思いの外すいていて、参拝して古いお札返して新しいお札買っておみくじひくまで30分しかかかりませんでした。

 

おみくじは前代未聞の小吉だったのですが、内容は全部かなうで、?な小吉。

 

でもおみくじみあたらねえ~

 

出てきたら追加アップします。

 

さて、大晦日、学生以来初くらいの感じで、最初から最後まで紅白を見ました。

 

もちろんあまちゃんがちょこちょこ出るときいたからで。

 

スタートするなり、あまちゃんの設定そのままに、天野秋こと能年ちゃんが紅白に登場しているという設定。で、キャストの人達も、東北の駅ナカ(笑)にあるカラオケバー、リアスでそれを見ているという・・・・

 

なんか会場はドン引きで、大丈夫か!!と超不安なスタート。

 

でもあまちゃん武装効果で、視聴率を気にする必要のないNHKは勝負に出たね。

 

まずは大河ヒロインの綾瀬はるかを紅組司会に起用。

 

あのさ、綾瀬さん、私も大好きだけど、話聞く限り、この人マジの天然で、機転とか期待しちゃいけないんだから生放送は危険だろ?と思いきや、案の定噛みまくり、飛ばしまくり、曲名も言えず、スタッフ詳細なカンペ出してやれよ!!相手は綾瀬はるかなんだぞ!!といいたくなる最悪の司会ぶり。

 

でもこれは起用した人が悪い。

 

そこからはじまり、TOKIOが歌っているとき、適当に合いの手打っていたが、カメラがまわっているの気づいてあわてて笑顔になる松潤とか、いつもの通りの狂乱ぶりを見せるふなっしーに、ついには顔を真っ赤にしてキレる関ジャニ村上とか(^_^;)

 

あ~ あと進撃の巨人を画像出してやってたのはあきれた。いい意味で。でも、あの歌手、声量なかったけど、歌詞も出てなかったのは何故?かわいそう。

 

吉田美和って20年前からほとんど歳とらないなあ~とか。

 

そこであまちゃんショーがはじまり、見ていた人には涙の、ゆいちゃん(橋本愛)が東京に出てこられて、しかも紅白の舞台に立つという感動シーン!!いや、本編見てない人にはまったく理解できないでしょうが、オレは感動した!!ゆいちゃんおめでとう!!

 

薬師丸のアラフィフ振り袖とかもある意味凄い。

 

来年50!!でも振り袖きちゃうよ!!なんてこと、薬師丸がやるなんて、『狙われた学園』とか、『セーラー服と機関銃』とかリアルタイムで見ていた我々には、想像もできませんでした。

 

橋本愛のゆいちゃんは、出てきてもすごいやる気ない感じでやるんじゃないかと、すごく心配したのですが、思いの外ノリノリでよかったです。

 

いや、ほんとあまちゃん見てなかった人には申し訳ないんですが。

 

総集編も年末仕事片付けながら見ていましたけれど、この子は女優として大事に育ててほしい。まだ17とかいうこと考えたら、ほんといい女優さんになると思うので。

 

でも、そんなことより、私的に楽しかったのは、私の頭の中で展開する妄想紅白なんですね。

 

たとえば、綾瀬はるかがトチル度に、総合司会でプロ意識も高い有働さんが「ちっ!!」みたいな表情を舞台裏でしているに違いないとか、帰ったら綾瀬はるかの司会に対する文句を彼氏とかにブツブツ言うに違いないとか。

 

ゴールデンボンバーのステージをテレビで見て歯ぎしりして悔しがる綾小路翔とか。

 

氷川きよしのステージをテレビで見ながら、オカマ掘られつつ「きよし最高だよ!!」とか苦しげな表情でさけぶバルタン星人とか(おまえどこの腐女子だよ(^_^;))

 

そして、台湾からの中継に、すごいイヤな顔する中共の人達とか。

 

今年はNHKまで中国パージですか(^_^;)

 

 

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

 

 

そういえば今年、神田明神の参道に変化が。

 

毎年あったチジミの屋台がなくなっていて、ケバブの屋台が出ている!!

 

チジミ屋台が出だしてから、「おまえ等は神道嫌いなんだから、節操なく店出すなよ」と思ってたんですが、これも世論の70%が韓国信用できないとか言い出したせいなんでしょうか?

 

まあ、イスラム飯である、ケバブ屋はどうよ?といわれると、それはそれで、イスラム的に大丈夫なのか?他宗教の祭りに店出してっていう気もしますが。

 

いずれにせよ店頭にいたのは日本人だったのでいいのかな?

 

なんか、去年は国の枠組みがかわった一年でしたが、今年は、世界の枠組みがかわりそうな気がする一年になりそうです。

 

ちなみに私と我が友は、ワシントンホテル三階のバイキングで昼食をすませました。

 

通常1300円が5日までは2000円ちょいになるとかで、一瞬どうしようか考えたのですが、正月だしいいかと。

 

ローストビーフ、それとフォアグラのったリゾットがついたし、ピザもまあ、本格的といっていいくらいだったからよかったかな。

 

私的には大好きなタコの唐揚げがあったのがGood!!

 

二回に分けて、お皿一杯分食べたよ。タコの唐揚げ。

 

デザートがもう少し充実していたら文句なしかな。

 

あ、ちなみにチジミ屋台は、目立たない端っこのところにまだありました。お客いなかったけど。

 

まあ、そんなこんなで今年の正月も終わり。

皆様共々、今年がよい年になりますように!!


« December 2013 | Main | February 2014 »