« May 2013 | Main | July 2013 »

2013.06.29

今年の水耕栽培

Cimg0067

ここんとこ、金庸の武侠小説『神鵰侠侶』のドラマのDVD見てました。

何年か前にケーブルテレビではまった『射雕英雄伝』の続編なんですが、これが『射雕英雄伝』よりずっとおもしろい。

空気を読まずにどこでもいちゃつく主人公達はどうでもいいんですが、『射雕英雄伝』に出てきた東邪ー黄薬師、西毒ー欧陽鋒、九指神丐ー洪七公達が続々と出てきて物語に花を添えます。

『射雕英雄伝』の主人公であった郭靖、黄蓉は意外にもつまらない大人になってしまっているのに、これらの天下五絶と呼ばれていたおじいちゃん達は、あいもかわらず我が道をいく自由さw

で、もっとも手に負えない自由人、老頑童こと周白通はいつでてくるのかしらんと思えば、後半はがっちり物語を回します。

武闘シーンとかは日本の戦隊モノとどっこいどっこいな感じなんですが、ストーリーの展開はすばらしく、久しぶりに楽しいドラマみたなと。まあ、私は小東邪ちゃん萌えですが(-_-)

今年の水耕栽培は、空気をぶくぶくさせているせいかきわめて快調。

六十くらい実がついているミニトマトも、ようやく赤くなりはじめました。

Cimg0068

ナスもこんな感じ

キュウリにいたってはやばいですね

ゴーヤとかキュウリとかは、実も緑なんで全然気がつかずにいて、気がつく頃にはめっちゃでかくなっているという

昨日三本収穫したのに、今日は30センチくらいのでかさにさっているのが一本隠れているのに気がつき、食卓がキュウリ地獄に・・・・・・

ゴーヤほどすごい勢いで増殖するわけではないのですが、この感じだと週6本くらいは収穫できそうで、毎日キュウリ食べないとならなくなりそう。

毎日レタスとか毎日トマトはあきないけど、毎日キュウリはつらいモノがある・・・・

さてこのあとは、このブログ始めた時からの企画、『ブレア大戦』をやるか『円海vsジャ○ヲタ女子大生』のどっちかをやろうと思うのですが、今のとこ未定です。

 


2013.06.23

悪魔の禁術3ー秘技!!接して逝って漏らさず→第三の宝珠(7)

「うん。腫瘍でないのは確かだけれどもどうしますか?簡単な手術で治すこともできますが、まあ、そのままでもいいと思いますよ。循環器に問題ありますよね?簡単といっても全身麻酔になるし。」

僕的には簡単ならやってほしいところだが、先生の口ぶりではあきらかに必要ないと思っているようだった。

「そ、そうですか・・・・」

「一応、確認の為、たまっているものを抜いて見ましょう。そうしたら、あっという間に二つに戻りますよ。」

「え?そうなんですか?」

「ま、そうです。じゃあ隣の処置室にいってちょっとまっていてください。」

え?隣の処置室?そこは確か女性看護師が二人いるところで・・・・

診察室を出て処置室にいくと、さきほどの女性看護師が二人でパソコンの画面を眺めていた。

「あの~ 先生にこちらで待つようにいわれたのですが。」

「ああ、どうぞこちらに。」

僕はベットのある隣室にとおされた。

「とりあえずベットにすわってまっていてください。」

僕はそっけないベットにすわってまつことになった。

これやばくね?

せっかく恥ずかしい思いをしないですんだのに、女性看護師のいる処置室に入れられちゃうのって・・・・

しばらくすると、先生と先ほどの女性看護師が入ってきた。

う~ん。やっぱり美人だな。

「じゃあ、ズボンと下着を下ろして、仰向けで横になってもらえるかな。」

やっぱり・・・・・・・

女性看護師は先生の後でじっと僕を見ながらスタンバイしていた。

くそっ!!少しはデリカシーもってなんかほかの準備作業するとかせんかっ!!

そうは思ったものの、ここでたじろいだりしたら、それはそれでなんか変だ。

僕は視線をはずすこともしない美人女性看護師の前で、ズボンとパンツを一気に引き下ろすと、ベットに横たわった。

ああ、世の中には露出狂といわれる人たちはいくらでも(?)いるのに、なんで僕は露出狂でないのだろう?

露出狂だったら、こんな恥ずかしい気持ちに魂をあぶられるがごとく恥ずかしい思いもしないで喜んで脱げたのに。

「う~んと、何番でいこうかな?○番でいこうか。○番の針とってくれる?」

先生の後から僕を見ていた美人女性看護師が、手元から針を装着した注射器を取り出して先生に渡した。

「じゃあ、これから注射針さして抜くからね」

「え?刺すんですか?その・・・なんというか袋に?」

まったく視線をそらす気配のない美人女性看護師の口角がが少し上がってくすっという感じになった。

くすってんじゃねえよ・・・・・・

おまえみたいなかわいいねえちゃんに、しかもまだ一言しか話してないのに、いきなり股間を見られるオレの気持ちになってみろっ!!

こうなったらチンチン暴走させてやるっ!!

フランス人平均チン長並の、○○センチ砲をマキシマムレベルで勃起させて驚かせてやるっ!!

エロ妄想開始だっ!!

「うっ!!」

そう思った瞬間、ちくりという痛みが股間に走った。

「痛い?」

先生が僕の顔をのぞき込みながら言った。

「いえ・・・・大丈夫です。」

エロ妄想は中止になった。

「ほ~やっぱり水じゃなくて精液だったな。」

先生は注射器のピストンを引きながら言った。

美人女性看護師が先生の後から、のぞき込むように僕の股間を見た。

なぜおまえはのぞき込む・・・・・

インターンなら手技を見るためというのがあるかもしれんが、看護師のおまえが患者の玉袋に針つきさすなんてありえないんだから見る必要ないだろっ!!

針を抜く感触がして、先生が僕の目の前に注射器をもってきた。

「ほらやっぱり精液だ。白いだろ?これは腫瘍ではないよ。単に精液がたまっているだけだ。」

僕の視界の中央には薄めのカルピスのような僕の精液が入った注射器、そして注射針の後には、美人女性看護師の顔があった。

いままで病院では何度もさんざんな目にあってきた。

美人女医に有無も言わされることもなく、直腸検診のためアナルに指つっこまれたり、手術の為に陰毛剃って来てくださいといわれ、看護師さんに剃られなくてよかったとわたされたバリカンで剃ったら、病室に戻ってから看護師さんに「じゃあチェックさせてもらいますね」とパジャマとパンツぬがされたり、尿道カテーテル抜かれたり・・・・・

でもね。

股間だけならともかく、オレの精液まで見ることはないと思うよ!!

あんたオレの彼女とかじゃないんだからさっ!!

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

「それで結局、手術はやめにしたの?」

みゆちゃんが電話の向こうで言った。

「うん。先生もあんまし乗り気じゃないみたいだし、こういうのってよくある事だっていってたから」

「へ~。じゃあ、世の中には意外と玉が二つじゃない人とかもいるのかしらね?」

「そうなんじゃない。しらないけど。」

「そっか。それで結局は二つに戻ったのね?よかったじゃん」

「いや、実はその日は二個に戻って一安心だったんだけど・・・」

「?」

「次の日の夜、お風呂に入って、洗おうとして確かめてみたら・・・・」

「増えてたの?」

「三個に戻ってた(T-T)」

「一日で?」

「うん。」

「なに精巣癌とかいってんだよっ!!あんたの睾丸、どんだけ精子作りまくりなんだよっ!!」

「嬉しくない!!全然嬉しくないよっ(>_<)!!」

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

しばらくして僕はあることにふと気がつき、ピー太郎にメールした。

「かくかくしかじかなんだけど、旦那の袋には異常ない?」

「ははは。そんなことがあったんですか師匠。大丈夫。うちの旦那にはなんの問題もありませんよ」

「そうか。もしかしたら接して逝って漏らさずの秘技のせいで、精輸管が広がってしまい今回の顛末になったのかと思ったが違うのかなあ。」

「だったら玉が一個になった人に教えてあげればいいじゃないですか。それはそれで秘奥義です。爆問の田中さんとかに教えてあげれば?」

「イヤだよ。とりあえずこれからは貝原益軒先生に習い、逝くのはやめて接して漏らさずだけにしよう。」

「まあ、減るよりは増える方がいいんじゃないですか?女の子がジャグリングして楽しめるかもしれないし。」

人ごとだとなんとでも言えるよな。

まあ、金のつくものが一つ増えたんだからよしとするか。

なんか微妙になっとくいかないけど。

The end.

see you (^_-)


2013.06.17

悪魔の禁術3ー秘技!!接して逝って漏らさず→第三の宝珠(6)

帰宅して夜

僕は予約票を見て、担当医を検索した。

海外での勤務経験もあり、信頼はできそうだ。

場所が場所だけに、へっぽこ医師に誤診でもされて、必要もないのに玉抜きにされたりしたら泣くに泣けない。

さらにどんな診察をするかと調べてみると、超音波で腫瘍かどうかを探るらしい。

うっ!!

あの病院ではCTは専門の検査技師がやることになっているはず。

ということは、場所が場所だけに、出会って30秒でチンチンみられた上,玉袋を握られ超音波を当てられる????

僕はげんなりとしてしまった。

検査技師が女性で、もし勃起でもしたらどうだろう?

「この患者、精巣癌かもしれねえのに、私に玉袋つかまれて勃起してやがる(-_-)」とか思われてしまうに違いない。

いやだよお~

検査技師が男でも、それはそれで問題だ。

緊張のあまり勃起してしまったりしたら「ま、まさかこの人ゲイなのか?」とあらぬ疑いをかけられてしまう。

実はその検査技師自身がゲイで、ウホッ!!とかいわれて、僕の股間を妙に長時間いじくられても迷惑だ。

女性技士が実は痴女的で・・・・というならまあ・・・・

いや、それはとりあえずおいといて。

この場合陰毛は剃っておいた方がいいのだろうか?

そこまではいらん気もするが。

準備よく剃毛していったら、実はそんなの必要なかったということになれば、「実はこの患者さん、いつも剃毛しているんじゃ・・・・」とあらぬ疑いをかけられてしまいかねない。

ああ!!なんということだ!!

ここはやはりそのままでいこう。

はあ。いっそのこと、先生も検査技師も壇蜜だったらいいのに。

勃起してしまっても「はずかしくないよ。げんきいいね」とあの声でいってくれたら、恥ずかしさもあまり感じないような気がする。

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

そして診察の日。

泌尿器科は別棟の建物にあった。

待合室で、観察してみると、男性は全員50代後半以降と言う感じだった。

この人達は、みんな前立腺癌かなんかだろうか?

10分もたたずして名前を呼ばれたので、僕は中の待合廊下に入った。

左側には番号のついた診察室が並んでいて、右側には処置室とかかれて、二人の暇そうにしている看護師がいた。

やばいぞ!!どっちも美人といってよく、胸は小さめだが、僕の好みだ。

このおねえさんたちに、いきなり僕の大事なところを見られてしまうのか!!

やばいぞオレ!!

恥ずかしいとかではなく、股間をコントロールできるか自信がなくなってきた(>_<)

しばらくすると再度名前と診察室の番号を指定されたので、僕は中へとはいった。

先生は40代後半といったところで、なかなかフレンドリーというか、きさくな感じで一安心した。

「ふむふむ。すでに腫瘍マーカーの検査はすませているんだね」

「はい。ライトでてらせばおよそのところはわかると見たのですが、やっぱそれもこわいので、一昨日循環器課の検査があったのでお願いして一緒にやってもらいました。」

「この数値を見る限りでは大丈夫だね。でもCTで診察してみよう。そこのベットに」

診察室の片隅にはベットがあり、カーテンの隙間からCTらしい機械が見えた。

やった!!ここでは先生が自分で調べてくれるらしい。

この先生なら大丈夫だ。

「じゃ、ズボンと下着下ろして横になってください。」

僕はなんのためらいもなく、ズボンとパンツをずりさげて股間を剥き出しにした。

さすが、泌尿器科歴20年くらい。

その言葉には、患者を恥ずかしがらせない何かがあるのだ。

CTをあててしばらくすると先生は言った。

「あ~やっぱりこれは腫瘍じゃないですね。水かな?精液かな?精液っぽいな。いずれにせよたまっているだけです。」

「本当ですか?間違いなく?」

「まあ、あとで抜いてみればはっきりするけど、腫瘍でないのは確かですね。じゃあ下着とズボン戻してください。」

ぼくはそそくさとパンツとズボンを引きずりあげた。

To be continue.
Uploads on coming monday!!
see you (^_-)


2013.06.12

今年の水耕栽培

051

原発騒動もまあ、沈静化してきたので、二年間お休みしていた野菜栽培開始。

でも10年後にはまた大改装工事あるだろうし、そうなると土を運びだすのも大変なんで、もう全部水耕栽培にしました(^_^;)

今年栽培しているのはミニトマトに、ナス、キュウリ、バジル。それにパセリ、唐辛子、タイム、セージといったハーブ系ですね。

写真一番奥にあるのがミニトマト

052

、その隣がナス、

053

一番手前がバジルです。

キュウリは別のベランダにありますが、こちらもまずまず快調。

トマトはすでに実がなっているだけで30個以上あるので病気にさえかからなければ150個くらいはいけるかも。

やはり緑があるっていい感じですね。

癒やされます。


2013.06.10

悪魔の禁術3ー秘技!!接して逝って漏らさず→第三の宝珠(5)

精巣癌?

精巣癌?

精 巣 癌?!

なにそれ!?

そんなところ癌になるの?

しかも調べて見ると、精巣癌の場合、両方の玉を抜かなければいけないらしい。

いやいやいや。

私、まだ結婚もしてなければ、子作りもしてないんですけどっ!!

生理があがってしまう女はともかく、男はいくつになっても子作り出来ると思っていたのに、まさかの精巣癌による玉抜きの刑かよっ!!

っていうか、精巣とられたら勃起とかするわけ?

玉を抜くのは仕方ないとして、もうエッチもできなくなっちゃうの?

僕はあわてて「精巣除去 勃起」で検索してみた。

うむむ。大丈夫だ。タマタマを除去しても、ちゃんと勃起はするらしい。

しかもタマタマを除去した場合、プラスティックの偽タマタマを入れてくれるらしい。

ということは、実質パイプカットと同じではないか?

エッチもできて、妊娠もさせない。すなわち、中出し無双!!

いやいやいや、僕は子供に関してはほしいのだった。

その場合は今のうちに精液を冷凍保存しておくべきだろうか?

うん。それなら大丈夫。

とりあえず性欲もあるし、やっとくかみたいなのは中出し無双で対応しておいて、妊娠させたい女性には冷凍保存した精子を注入!!

これなら自分が望まない女性をはらませてしまうこともない訳で。

はははは。完璧じゃないか精巣癌!!

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

とりあえず最悪のケースではどうなるか考えてみたが、自分は実は玉なし男だという心理的ショックをクリアできれば、それほど悪い事もなさそうだった。

もちろん、頭の中でそう考える事ができると理屈をたててみただけで、現実は別だ。

玉がなくなるとなると、そのショックは激しく重い。ぶっちゃけ、僕は半日ほど何も考えられなくなった。

でもでも~

よく見てみると、精巣癌は進行が早いとある。

最初にあれ?三つある・・・と思ったのは半年ほど前だ。

だとしたらもうとっくにほかのところに転移していて、朝立ちとかしなくね?

もっと調べてみると陰嚢水腫(睾丸水腫)、精索水腫というのがあるのもわかった。

まあようするにタマタマにつながる管に水とか精液がたまってしまい風船みたいに膨らむ病気らしい。

これだと簡単な手術で治るとある。

三つの宝珠に気がついてから半年。生殖機能は普通に機能しているところを見ると、こっちではないのか?

簡単に調べる方法も書いてあった。

玉袋の反対からライトでてらしてみて、透けていたらそれは水腫のたぐい。

透けずに影がでていたら腫瘍。

僕はライトを取り出した。

ズボンを下ろし、袋の皮を伸ばす・・・・

で、できねええ~っ!!これだけはできね~(>_<)

たった一人でこんなことやって、思いっきり影が出たら泣いてしまう。

っていうか首つってしまう。

胃がんとかならきられてもどおってことないが、タマタマはイヤだ!!

だって男の子だもん!!

(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)(-_-)

結局三日間トライしてみたが、僕には袋にライトをあてることはできなかった。

そうだ・・・・

しあさってには不治の病の定期診察があった。

僕は以前教えてもらった主治医のメアドにメールしておいた。

「かくかくしかじかな状況で、精巣癌かもしれないみたいなんです。ライトで照らすととりあえずわかるみたいなんですが、怖くて確認できません。とりあえず血液検査のついでに腫瘍マーカーの数値調べてもらえませんか?」

そして診察当日

「先生、どうでしょう?」

「いや、いつも通り、きわめて良好ですね。不整脈とかも出ていないし。」

「いや、そっちじゃないですよ!!メール見てくれましたよね?」

「あ~ 実は泌尿器科にきいたら二種類の腫瘍マーカーしらべてくれと言われたんで調べましたが、一方は問題なしです。もう一方は検査に時間かかるから今日は出ないですね」

「ほんとですか!!問題なし?マジで?」

「いや、一方だけです。」

「いいですよっ!!それでも。大体私の体は結構な量の抗酸化剤でアンデッドクラスといわれるまでの不死身性を維持しているんですよ。でもここで抗がん剤なんか投与されて活性酸素が増えたら、経口投与では処理しきれなくなるじゃないですか!!玉を抜かれるのはイヤですが、それ以上に抗がん剤で死にますよ。」

「はあ、まあ。でもとりあえず泌尿器科の診察を受けたらどうでしょう?」

「受けます!!すぐ受けます!!今日受けられますか?」

「今日は無理ですが・・・腫瘍マーカーの結果が出そろう明後日でどうですか。」

「かまいません。とりあえず一方が大丈夫なら、もう一方も大丈夫ですよね?多分。早く安心したいです!!」

「わかりました。では明後日に予約をいれておきますから。」

やはり、精巣癌ではない可能性が高いな。

神様ありがと~

病院を出ると十二時前だった。

ぼくは健康のため、そこから1時間歩いて毎年初詣にいく崇敬神社の神田明神にお参りをした。

今回も無事にすみますように・・・と。

To be continue.
Uploads on coming monday!!
see you (^_-)


2013.06.07

『グランド・マスター』はスタイリッシュ

ついこないだウォン・カーウァイが昔つくった武侠映画『楽園の疵』のDVDが八月だかに再販されることを知り喜んでいたのですが。

彼の新作『グランド・マスター』は(実在の人物モデルにした)リアル武侠映画なんですね。

作っていたのもしらんかった。

主人公であるイップマン(葉問 ブルース・リーの師匠)の詠春拳って、20代くらいの時にビデオかテレビで見た気がするんですが、そのときの印象は「地味!!」でしたね。

まあ、それはともかく、主役はトニー・レオンですよ。で、監督はウォン・カーウァイならもう私的には、見るしかない!!と見に行きました。

『楽園の疵』では武闘シーンが少なくて観客が激怒したという故事があるだけあって、今回は初っぱなからトニー・レオンのイップマンが、二十人くらいの暴徒をぶちのめします!!

これがね~

ジャッキー・チェンでもジェット・リーのカンフーアクションでもない、凄く綺麗な映像。

中国拳法をここまで美しく撮った映画って多分ないです。

トニー・レオンが雨のなかで使う詠春拳

雪の中、チャン・ツィイーが舞うように披露する八卦掌

クール!!といってもいいんだけど、それよりはスタイリッシュ!!と表現した方がぴったり合うような。

まあ、私としては、チャン・ツィイーの八卦掌より、遊郭のお姉さんの八卦掌のほうが美しくて好きですが。

でも、父親を殺されてからのチャン・ツィイーの凜とした美しさの中に憂いを秘めた表情は最高に素敵です!!

日本の若い女優でこういう表情出来る人って、一人もいないですもんね。

しかし!!

私としては、八極拳の一線天(カミソリ)の切れ長の目に一本!!です

(いや、ゲイじゃないですけど)

演じているチャン・チェンはレッドクリフで孫権やってた人ですね。

でも、この人、話には全然と言っていいほど絡まずに終わってしまうんですよね。

映画おわったあと、おもっちまいましたよ。

でたよ!!ウォン・カーウァイの思いつき脚本の犠牲者!!

それとも『欲望の翼』のラストで、本編とはなんの関係もなくトニー・レオンが身支度するシーンが挿入されているみたいに、次回作にこの人が主人公の作品予定してんのかな?とか思っていたら、ラストはイップ・マンと一線天の頂上対決で、撮影もしていたのに、時間の都合で全部カットされたらしい(泣)

 

上映時間の都合とはいえ、ラストの対決シーンをばっさりカットって何?

っていうか、一線天の出番って、国民党の特務として人殺して電車に逃げ込んだ時にチャン・ツィイーに助けてもらうシーンと、特務抜けるシーンと、香港で道場開くシーンの3カ所しかないんだから、ラストの対決カットするなら、このシーンも全部カットしたほうが自然だろって(^_^;)

カットされた理由に関しては、七年もかけている間に、別の人にイップマンの伝記映画がつくられてしまったからとかいろいろあるとは思いますが、まあ、チャン・ツィイーの演技がよかったんで彼女寄りの話に脚本変えていったら肝心のラストが入らなくなってしまったというパターンだと思います。

ウォン・カーウァイのファンなら「いつものパターンか」と苦虫かみつぶしたような笑いを浮かべるとこでしょうけど、「詠春拳と八卦掌、形意拳に八極拳の頂上対決!?」とカンフー映画見に来たつもりの人なら激怒するでしょうね(^_^;)

カンフーアクションでなく、大人の恋愛映画みたいになっちゃってるし。

エッチどころかキスもしないけど、拳と拳を合わせることで認め合い、生まれる恋ですから。

DVDでいいからカットされた部分いれて4時間の完全版で出してくれればなあ。

ネット上ではいろいろいわれてますが

1.カンフー映画だと思って見に行く

→いかないほうがいいです。格闘シーンではカット割りの悪さか流派の特色みたいなのがはっきりわかりにくい。トニーレオンは二度の骨折するほど詠春拳を、チャン・チェンは八極拳の大会で優勝するほどまじめに両流派を習ったそうですが、実際に八卦掌とか詠春拳とか学んでいる人が勉強のためとか思って見に行くと不満だけがのこりそう。

2.反日映画

違うでしょ。当時の歴史として、日本軍の進駐は現地の生活にいろいろ影響与えたわけで、イップマンなんか自宅日本軍に接収されて、貧乏生活のなかで子供が死んだりしているので、詠春拳は日本人に教えるなと言っていたのはけっこう有名な話。それ考えたらさらりと触れているだけ。本土でつくられたらもっと凄い日本兵でてきますよ。

ぶっちゃけウォン・カーウァイもしくはチャン・ツィイーが好きな人なら劇場まで見に行ってもいいかも。

トニー・レオンはかっこいいけど、でも3シーンくらいしかでてこないチャン・チェンはもっと格好いい。

これ、頂上対決のシーンを入れてしまったら、トニーレオンが主役だか、チャン・チェンが主役だかわからなくなったはず。

まあ、私としては完全版(四時間だそう)のDVDに超期待。

DVDといえば、この映画の公開のおかげで、廃盤になっていたウォン・カーウァイの旧作映画は再販ですね。

もってなかった『楽園の疵』『ブエノスアイレス』『花様年華』をAmazonで予約しました!!

『ブエノスアイレス』は見たことないので、ちょい楽しみ。でもゲイムービーだそうで楽しめるのか?


2013.06.03

悪魔の禁術3ー秘技!!接して逝って漏らさず→第三の宝珠(4)

前回までのあらすじ

円海は気功の基本、馬歩の姿勢を鍛錬していると、エッチの時に接して逝っても漏らさずにすむことを発見する。
この術を極めれば、漏らさないだけに、レズビアンセックスのような永遠の快楽をむさぼることができるのだ。
そして、自称弟子のピー太郎(女 既婚)に元祖カレーパンの店カトレアのカレーパンとグラソーのトリプルXでこの技を伝授する。
ピー太郎は旦那に教え込み、無限の快楽をむさぼろうとしていたのだった(想像)

僕は深刻だった。

かつてないほどに深刻だった。

かつて治療法どころか、原因すら不明の不治の病におかされているのだと宣告された時よりも遙かに深刻だった。

異変を感じたのは半年前。

しかし、そのときはまさか?という思いと、仕事の忙しさで、すっかり忘れてしまっていた。

まさかこんなことが・・・・・

まさか・・・・・・

僕は股間の玉袋を優しく握りしめた。

全国の男子諸君に二つ、標準装備されている玉が、みっつあるよ!!

なんじゃここりゃ~あっ!!

いったい僕の大事な大事な玉袋に何がおこったのであろうか?

モノがモノだけに自己増殖したのか?

或いは僕の肉体自体が進化したのか?

もしかして神様が宝珠をこっそりと玉袋のなかに仕込んでくださったとか・・・

ああ、悩ましい!!いったいどういうことだ!!

それはともかく、この手の下ネタ話となれば、みゆちゃんに質問するに限る。

「あのね。あのお~。実はあれが増えたみたいなんだけど。」

いえない!!いくら相手が下ネタクィーンのみゆちゃんでもいえない!!

「増えた?何が増えたの?」

「・・・・・・・」

「ニキビ?薄くなった髪の毛?」

「う~ん。アレ」

「アレじゃわかんないでしょ。私忙しいのよ、切るわよ」

あっさりと電話を切られてしまった。

なんという薄情な奴だ!!

仕方ない。こうなったらモトちゃんに相談するしか・・・・

「えっとね。なんか玉が三つに増えちゃったみたいなんだけど・・・・」

僕はモトちゃんにメールした。

20分後。

「それ、いわゆる金玉の話だよね?」モトちゃんからメールが返ってきた。

「そう。いわゆる金玉という奴。まあ睾丸というか精巣というか。」

「円ちゃん。どう呼ぶかはどうでもいいが、それはとっとと病院行くべきだと思うよ。」

それでメールは途絶えた。

え?これって病気なの?

世紀末(じゃないけど)大進化じゃないの?

それは大変なんじゃないか?

でもでも、高校生の時、同級生がしばらく休んだのだが・・・

そのとき担任は「はい。早乙女は一週間お休みです。実は金玉を1個取ることになっちゃったんだなぁ~。かわいそうだけど、おまえ等早乙女が戻ってきたら玉1個とかいってからかうんじゃないぞ~」と言っていた。

からかうも何も、おまえがそんなことクラス中にいわなければ、誰もわからないことなんだが。

まあ、要するに1個取ればいいわけで、それなら簡単な気もする。

中国のハーレムを管理する宦官は、みんな玉抜きだったと言うではないか。

とりあえず僕はネットで検索してみることにした。

今はネットでなんでも調べることができるから便利なことこの上もない。

「精巣 3つ」

「金玉3つ」とかで検索すると、変な同人誌とかがでてきそうなので、僕は思いつく限り医学的な表現で検索してみた。

すると

精 巣 癌

え?????????

To be continue.
Uploads on coming monday!!
see you (^_-)


« May 2013 | Main | July 2013 »